男のためのアミノ酸系シャンプー選びの参考に!

以前当ブログでは、アミノ酸系シャンプーを使うと良い!というお話をしました。

しかし、アミノ酸系シャンプーと一言で言っても実は商品数がとても多いんです。最近では、雑誌などでアミノ酸系シャンプー特集をされることが多かったり、テレビCMをしていることが多いため、さらにどんどん増えているんですね。

大手メーカーや中小メーカーなど、本当に多くの企業が販売されているので、商品数が多すぎてどれを選べばよいのかわからない方も多いです。

アミノ酸系シャンプーを選ぶ時は、自分の頭皮の状態にあったものを選ぶと良いです。

アミノ酸系シャンプーというと、洗浄力がマイルドというイメージがあるかと思います。しかし、配合されている成分によっては、それなりに洗浄力が強い商品もあります。

また、抜け毛や薄毛などの頭皮トラブルが気になる方は、うるおい保湿成分などのケア成分をしっかりと配合したシャンプーを選ぶことも重要です。

このように、自分の頭皮の状態をしっかりと理解してから選ぶことがとても大切なんですね。

皮脂でベタベタしてしまう場合、しっかりと洗浄力がある程度あるものが良いですし、逆に頭皮が乾燥してしまっている場合は、うるおい保湿が大切ですね。

あまり知れらていませんが、頭皮の状態は、季節や体調によって変化しています。そのため、理想を言えば、季節などによってシャンプーを使い分けるのが頭皮には一番良いんですね。

とはいえ、いきなりシャンプーを何本もそろえるのは難しいので、まずは今選ばれているシャンプーなどを参考に選んでみると良いですね。

参考:アミノ酸系シャンプー

シャンプーだけで薄毛対策は不十分!本格的に頭皮ケアを始めるなら育毛剤を使い始めよう!

薄毛対策としてシャンプーを使うことはとっても大切ですね。
頭皮の皮脂やほこりなどの汚れを落として、頭皮に潤いを与える。そして、頭皮の環境を整えて髪の毛が育ちやすい土壌つくりをするわけです。

しかし、それだけを続けていても実はそれほど期待できません。
というのも、あくまでも頭皮環境を整えて髪の毛が育ちやすい環境つくりをするためだから。

土壌があるだけでは作物は育たないですよね。
必ずそこには、肥料となる栄養が必要わけです。

そのために使っておきたいアイテムが、育毛剤というわけです。
育毛剤には、たくさんの育毛成分が配合されていて、頭皮の血行を促したり、髪の毛にハリやコシを与えるなど、薄毛対策には欠かせないものばかりです。

女性の薄毛は、女性ホルモンバランスの乱れや環境の影響で頭皮が乾燥することで起きることも少なくありません。
先ほども土壌の話に戻りますが、カラカラの干からびた土壌には、いくら栄養を与えても作物は育たないですよね。
頭皮もそれと同じ!

うるおいがなくてからからに乾燥してしまっては、意味がないのです。
そのため、まずはシャンプーを使って環境を整えたうえで、育毛剤で栄養を与えるんですね。

育毛剤を選ぶ時は、必ず女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。
女性用育毛剤には、うるおい保湿成分が豊富に入っていたり、無添加のものが多いので安心して使えますよ。

女性用育毛剤

また、普段の食事から髪の毛を作るために必要な栄養をしっかりと摂ることも大切です。
具体的には、髪の毛の元となるたんぱく質やビタミン・海藻類は、かならずとっておきたいですね。

忙しくてどうしても摂れない場合は、育毛サプリメントなどを併用するといいですね。
サプリメントなら無理なく毎日に必要な栄養をしっかりと補えるので安心して続けられるでしょう。

薄毛対策としてシャンプーはとても大切なのですが、それだけでは不十分というお話でした。
あくまでもシャンプーだけで薄毛対策はできないのであって、シャンプー選びを適当にして良いということではないですからね。

アミノ酸系シャンプーを選ぶべし!実は知らないシャンプーの洗浄成分

シャンプーを選ぶ時に僕が一番重要視しているのが洗浄成分なんですね。
最近だと、ノンシリコンが良いとか、無添加・オーガニックが良いとか、いろいろな話がありますよね。
でも個人的には、それらはほとんど興味なくてあくまでも洗浄成分。

だってね、洗浄成分が悪かったらほかがどんな毛良くてもイマイチです。
頭皮への刺激がとっても強くて、必要以上に皮脂を洗い流してしまうわけですから。
頭皮が乾燥して抜け毛の原因になったり、痒みやフケの原因にもなりえます。

逆に言えば、シリコンが入っていても低刺激の洗浄成分ならOK!
よほど刺激の強い防腐剤などが入っていなければ、低刺激の洗浄成分の方がおすすめです。

で、洗浄成分ってことをよく言っていますが、それは何?といえば、頭皮の汚れを洗い落としてくれる成分ですね。

シャンプーの成分表を見ると分かる通り、水の次に多く配合されているのが洗浄成分なんです。
そのため、洗浄成分にどのようなものが使われているのかを確認することがとっても大切なんです。

洗浄成分は、大きく分けると3種類あるのですが、特におすすめなのがアミノ酸系の洗浄成分です。
むしろ最近は、アミノ酸系の洗浄成分を配合していないシャンプーは使ってません。

とはいえ、アミノ酸系シャンプーとして宣伝されているのも注意が必要です。
というのも、成分をしっかりとみると刺激が強い成分が一緒になっていることもあるから。

そのため、シャンプーを選ぶ時は気になる商品が合ったらまずは成分を確認しておきたいですね。
成分が良くわからない場合は、「シャンプー 成分」などで調べることをお勧めします。

シャンプーってほとんどの人が毎日使っていると思うので、やっぱり成分はしっかりと見ておきたいですからね。

ノンシリコンシャンプーって正直なところどう?数本使った率直な感想

テレビのCMや雑誌で良く取り上げられているノンシリコンシャンプーについて調べてみました。
テレビCMなどを見ている限り「ノンシリコンシャンプーは良いものだ!」っていうのが僕のイメージでした。

それと同時に、ノンシリコンっていうくらいですから、シリコンは良くない成分っていうイメージもありましたね。

ですが、実際にノンシリコンシャンプーについて調べてみると、全然そんなことはない!
むしろ、シリコンって医療分野でも使われるほど安全な成分だってことを知りました。
なんじゃそりゃ!

シリコンってよく、毛穴に詰まるから禿げるって言われていますよね。
でも、実はそんな大きさではないので、シリコンが毛穴に詰まって禿げることはないみたいですよ。

ってか、そもそもシリコンが毛穴に詰まって禿げるなら、男女関係なく昔の人はシャンプーしていたら禿げていたはずです。
少し前までノンシリコンシャンプーなんてなかったわけなので。

ですが、実際はそんなの関係ないですよね。
もちろん、男女ともに薄毛の人はおられますが、基本的にAGA(男性型脱毛症)や、女性ホルモンの関係で薄毛になっている人がほとんど。
シリコンが原因で薄毛になっているなんてデータは一切ないですからね。

じゃあノンシリコンシャンプーって何が良いのか?といえば、これがかなり微妙なところ。

微妙というのは、シリコンが入っているシャンプーでもほとんどは気にする必要はないわけです。
先ほどもお伝えしたとおり、シリコンって毛穴に詰まる大きさじゃないですし、医療分野で使われるような成分なので。

だけど、一部のメーカーのシャンプーには、過剰な量のシリコンが入っているって話があって、そういうのは、頭皮をコーティングしてしまってすすぎ不足になると頭皮トラブルの元になるとも言われているんです。

もともとシリコンは、髪の毛をコーティングして外的刺激から守ってくれる働きがあるんですね。
でも、艶を出すために過剰に入っていることが原因で、頭皮に付着しやすくなるというデメリットも。

とはいえ、何度も書いているようにシリコン自体は安全性の高い成分で、そういった危険性があるのも一部のシャンプーだけ。
普通のシリコンインシャンプーは、全然問題ないんですね。

むしろ、ノンシリコンシャンプーはキシキシして髪の毛が傷む原因にもなるくらい。
じゃ、結局ノンシリコンシャンプーって何がいいのって話に戻りますが、要は過剰な量のシリコンが入ったシャンプーのように頭皮をコーティングする恐れがない。
個人的にはただそれだけな気がします。

ただ、多くのメーカーがノンシリコンシャンプーとして販売するあまり、消費者の方もノンシリコンシャンプーじゃないといけないと思っている人も増えてきたんですね。
なので、さらに続々と各メーカーがノンシリコンシャンプーを販売しているように思います。

まー結局はどっちでも大差ないっていうのが個人的な感想です。
実際にノンシリコンシャンプーを何本か使ってみましたが、安物は逆にダメです。
めちゃくちゃキシキシしてしまいます。

それなりに値段がするのは、シリコン以外のケア成分が配合されているので使いやすくなっています。
ということで、シリコンが入っていた方が良いのかどうか悩むくらいなら、洗浄成分をチェックしておきたいですね。

育毛シャンプーって何!?実は成分が全然違っていた!

薄毛対策として気になり始めたのが、育毛シャンプーです。
スカルプDやイクオスなど、テレビCMでおなじみのシャンプーも育毛シャンプーって呼ばれたりしますよね。

最近だと、薬局のメンズコーナーみたいなところがあれば、そういったシャンプー類がまとめて販売されていたりしますよね。

こういうシャンプーって、正直どうなのかな?っていろいろと調べてみたら、実はシャンプーによって成分が全然違っているんですね。
洗浄成分も全然違いますし、ケア成分も全然違いますし、添加物の有無も全然違っていました。

シャンプーの成分についてちょっと調べてみると、市販されているシャンプーには、刺激がとても強い成分が多いことがわかります。

薄毛がきになっているのにさらに刺激の強いシャンプーを使うっていうのはダメダメですよね。
逆に頭皮環境を悪化させてしまう恐れもあるので、そういうのは避けておきたいですね。

僕も育毛シャンプーならすべて頭皮に良いというイメージがあったのですが、それが全部覆っちゃいました。

あと、ネットだとスカルプDが結構酷評されていたりするのも目にしますが、成分を見てみるとむしろ良質なシャンプーだってこともわかりました。
以前のシリーズはわからないのですが、最近の値段相応にしっかりとしているイメージがありましたね。

そのため、とりあえずどのシャンプーを使ったらよいのか悩むくらいだったら、スカルプDを試してみるのは全然ありだと思います。

ただし、知名度のあるシャンプーがすべて良いというわけじゃないので気を付けて下さいね。
育毛シャンプーは、他にもいろいろテレビCMしていますが、本当に良いと思えるのはほとんどなかったです。
そういった意味でもスカルプDは、かんり上質ですね。

あと、個人的にはスーパーや薬局で売っているシャンプーだけにこだわる必要はないと思います。

というのも、ネットで調べてみるとスーパーなどでは売られていないけど十分上質なシャンプーがたくさんあるんですね。

プレミアムブラックシャンプーやリマーユシャンプーなどは、ネットでも有名ですが、やはり成分はかなり良かったです。

上質なシャンプーかどうかは僕の場合、ほとんど成分を見て確認しています。
余計な成分が入っているシャンプーは、薄毛対策としてはなかなか使いにくいですからね。

あとは、実際に使ってみて泡立ちがどうとか、香りがどうとか。この辺りは個人差が強いですよね。
最近の上質なシャンプーは、柑橘系の香りのものが多いように思います。
自然由来の成分を使っているというのも関係ありそうですね。

ということで育毛シャンプーを選ぶ時は、知名度だけに頼るのはおすすめできないですね。
しっかりと成分を確認して、頭皮のことを考えて選ぶことをお勧めしますよ。