アミノ酸系シャンプーを選ぶべし!実は知らないシャンプーの洗浄成分

シャンプーを選ぶ時に僕が一番重要視しているのが洗浄成分なんですね。
最近だと、ノンシリコンが良いとか、無添加・オーガニックが良いとか、いろいろな話がありますよね。
でも個人的には、それらはほとんど興味なくてあくまでも洗浄成分。

だってね、洗浄成分が悪かったらほかがどんな毛良くてもイマイチです。
頭皮への刺激がとっても強くて、必要以上に皮脂を洗い流してしまうわけですから。
頭皮が乾燥して抜け毛の原因になったり、痒みやフケの原因にもなりえます。

逆に言えば、シリコンが入っていても低刺激の洗浄成分ならOK!
よほど刺激の強い防腐剤などが入っていなければ、低刺激の洗浄成分の方がおすすめです。

で、洗浄成分ってことをよく言っていますが、それは何?といえば、頭皮の汚れを洗い落としてくれる成分ですね。

シャンプーの成分表を見ると分かる通り、水の次に多く配合されているのが洗浄成分なんです。
そのため、洗浄成分にどのようなものが使われているのかを確認することがとっても大切なんです。

洗浄成分は、大きく分けると3種類あるのですが、特におすすめなのがアミノ酸系の洗浄成分です。
むしろ最近は、アミノ酸系の洗浄成分を配合していないシャンプーは使ってません。

とはいえ、アミノ酸系シャンプーとして宣伝されているのも注意が必要です。
というのも、成分をしっかりとみると刺激が強い成分が一緒になっていることもあるから。

そのため、シャンプーを選ぶ時は気になる商品が合ったらまずは成分を確認しておきたいですね。
成分が良くわからない場合は、「シャンプー 成分」などで調べることをお勧めします。

シャンプーってほとんどの人が毎日使っていると思うので、やっぱり成分はしっかりと見ておきたいですからね。