ノンシリコンシャンプーって正直なところどう?数本使った率直な感想

テレビのCMや雑誌で良く取り上げられているノンシリコンシャンプーについて調べてみました。
テレビCMなどを見ている限り「ノンシリコンシャンプーは良いものだ!」っていうのが僕のイメージでした。

それと同時に、ノンシリコンっていうくらいですから、シリコンは良くない成分っていうイメージもありましたね。

ですが、実際にノンシリコンシャンプーについて調べてみると、全然そんなことはない!
むしろ、シリコンって医療分野でも使われるほど安全な成分だってことを知りました。
なんじゃそりゃ!

シリコンってよく、毛穴に詰まるから禿げるって言われていますよね。
でも、実はそんな大きさではないので、シリコンが毛穴に詰まって禿げることはないみたいですよ。

ってか、そもそもシリコンが毛穴に詰まって禿げるなら、男女関係なく昔の人はシャンプーしていたら禿げていたはずです。
少し前までノンシリコンシャンプーなんてなかったわけなので。

ですが、実際はそんなの関係ないですよね。
もちろん、男女ともに薄毛の人はおられますが、基本的にAGA(男性型脱毛症)や、女性ホルモンの関係で薄毛になっている人がほとんど。
シリコンが原因で薄毛になっているなんてデータは一切ないですからね。

じゃあノンシリコンシャンプーって何が良いのか?といえば、これがかなり微妙なところ。

微妙というのは、シリコンが入っているシャンプーでもほとんどは気にする必要はないわけです。
先ほどもお伝えしたとおり、シリコンって毛穴に詰まる大きさじゃないですし、医療分野で使われるような成分なので。

だけど、一部のメーカーのシャンプーには、過剰な量のシリコンが入っているって話があって、そういうのは、頭皮をコーティングしてしまってすすぎ不足になると頭皮トラブルの元になるとも言われているんです。

もともとシリコンは、髪の毛をコーティングして外的刺激から守ってくれる働きがあるんですね。
でも、艶を出すために過剰に入っていることが原因で、頭皮に付着しやすくなるというデメリットも。

とはいえ、何度も書いているようにシリコン自体は安全性の高い成分で、そういった危険性があるのも一部のシャンプーだけ。
普通のシリコンインシャンプーは、全然問題ないんですね。

むしろ、ノンシリコンシャンプーはキシキシして髪の毛が傷む原因にもなるくらい。
じゃ、結局ノンシリコンシャンプーって何がいいのって話に戻りますが、要は過剰な量のシリコンが入ったシャンプーのように頭皮をコーティングする恐れがない。
個人的にはただそれだけな気がします。

ただ、多くのメーカーがノンシリコンシャンプーとして販売するあまり、消費者の方もノンシリコンシャンプーじゃないといけないと思っている人も増えてきたんですね。
なので、さらに続々と各メーカーがノンシリコンシャンプーを販売しているように思います。

まー結局はどっちでも大差ないっていうのが個人的な感想です。
実際にノンシリコンシャンプーを何本か使ってみましたが、安物は逆にダメです。
めちゃくちゃキシキシしてしまいます。

それなりに値段がするのは、シリコン以外のケア成分が配合されているので使いやすくなっています。
ということで、シリコンが入っていた方が良いのかどうか悩むくらいなら、洗浄成分をチェックしておきたいですね。